プログラム

第26回CTサミット

2023年7月29日(土)10:00~18:00
テーマ「CT未来予想図」

10:00〜10:10 開会挨拶
当番世話人 大沢 一彰(医療法人ラポール会 青山病院 放射線科)

10:10〜11:00 教育講演
演者 『CTの未来予想図』
市川 勝弘 先生(金沢大学医薬保健研究域 保健学系)
主催 CTサミット

11:00〜12:00 技術講演『フォトンカウンティング』
演者 1.「世界初の臨床用Photon Counting CT NAEOTOM Alphaの最新情報提供」
   内田 雄己(シーメンスヘルスケア株式会社)
   2.「日常におけるフォトンカウンティングCT現場のリアル」
   吉田 亮一(東海大学医学部付属病院)
   3.「フォトンカウンティングCTを用いた循環器疾患の画像評価:臨床応用と今後の可能性」
   川畑 秀一(大阪大学医学部附属病院)
共催 シーメンスヘルスケア株式会社

12:00〜12:10 休憩

12:10〜13:10 ランチョンセミナー(3社×20分,2社×20分)
共催 機器メーカー5社

13:10〜13:40 ポスター発表(1) / 機器展示
主催 CTサミット

13:40〜14:30 特別講演1
『CT画像再構成法の変遷』
演者 檜垣 徹 先生(広島大学大学院 先進理工系科学研究科)
共催 キヤノンメディカルシステムズ株式会社

14:30〜15:00 ポスター発表(2) / 機器展示
主催 CTサミット

15:00〜15:50 特別講演2
『あると嬉しいCT画像:最新技術を交えて』
演者 兵頭 朋子先生(日本大学医学部 放射線医学系 放射線医学分野)
共催 GEヘルスケア・ジャパン株式会社

15:50〜16:05 休憩

16:05〜17:45 シンポジウム『未来予想図』
演者
AI「脳卒中読影支援ソリューションの使用経験から考える」
福永 正明(倉敷中央病院 )
救急「救急CT 未来への役割~SCANからSTAT画像報告まで~」
藤原 健(堺市立総合医療センター )
造影「造影CT技術~過去から現在の回想と今後の展開~」
寺澤 和晶(さいたま赤十字病院 )
被ばく「X線CT装置における線量指標の時代変遷」 
村松 禎久(国立がん研究センター東病院 )
主催 CTサミット

17:45〜18:00 ・ポスター表彰・次回開催挨拶・閉会の挨拶
代表世話人 船間 芳憲(熊本大学大学院生命科学研究部 医用放射線科学)

18:30〜 ナイトカンファレンス
千里ライフサイエンスセンター6階『千里ルーム』


本会は

*本会参加者には,参加証を差し上げます。
*申請方法,取得単位数はそれぞれの団体のホームページを確認してください。

 

Page Top